不動産投資のリスクとメリット

取り組む人が増えている不動産投資ですが、自宅で取引口座を開設しパソコンで売買が行える株式や為替とは異なり、気軽に始めることが難しい投資です。売買を行うためには株式取引や為替取引とは桁違いの資金が必要になることに加え、実際に現地に行って物件を視察することが必須になるなど資金と時間の両面で苦労するはずです。だからこそ、不動産投資のリスクとメリットを熟知した上で取引を実行しなければなりません。
不動産投資にはリスクがつきものです。他の投資と異なるリスクとしてあげられるのが流動性の低さです。株式や為替は市場参加者が非常に多く、どんなタイミングでも売買を行うことが可能ですが、不動産の場合は物件を購入したとしても売却先を見つけることが難しいのです。取引を行う際には、売却を念頭に置いた出口戦略を立てておくことが重要です。また、インカムゲインである家賃収入も不動産投資の大きな魅力ですが、よほど立地が良くなければ空き室が埋まることはまれです。入居者が減ればそれだけ家賃収入も減り、資金計画に支障をきたす恐れがあります。
一方で、メリットも多くあります。もっとも大きいメリットは取引規模の大きさです。不動産の物件価格は数千万円単位であることが多く、一度の取引で多額のキャピタルゲインを得られる可能性があるのです。さらに、インカムゲインを期待する場合でも一度入居者が入ればその後は契約が切れるまでほぼ何もすることなく定額の収入を得られます。
近年は一般的になってきた個人投資家という肩書きですが、高齢世代をはじめとする理解がない人にとっては無職と変わりません。しかし、不動産投資を行っていれば賃貸業やマンションオーナーといった肩書きが得られることもメリットです。