化粧水にはどのような効果があるのか

化粧水の成分ランを見てみると、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分が配合されている商品が多くあり、使用することで肌に水分を浸透させ保湿する効果があります。

そのため肌が乾燥している人は化粧水で肌の保湿を心がけることが大切になり、使用後はクリームや乳液で肌に蓋をして保湿成分を閉じ込めることが大切になります。

ところで乾燥肌や敏感肌は肌機能が衰えている状態にあるため、化粧水といっても肌に合うかどうかが重要なポイントになることを知っているでしょうか。

肌機能は紫外線やほこりのような外的要因から身を守る機能ですが、これは肌の水分が適切な状態だと正常に働かせることが出来ます。

化粧水の効果を知りたいならこちらです。

しかし肌が乾燥していると肌機能が衰え、外的要因を受けやすく刺激に弱い状態にあり、化粧水を使用した後に肌がピリピリしたり赤みを帯びたり、肌が熱を感じるようでは肌質に合っていない可能性が高く、保湿効果を十分に得ることが出来ません。


そのため異常を感じたらすぐに洗い流すことはもちろん、初めて使用する商品であればサンプルをもらい、最初に試してみることも大切です。



最近では時間と費用の節約が出来るとあって、オールインワンゲルに人気がありますが、オールインワンゲルは1つで化粧品の役割を担うため、それぞれの効果は劣ってしまいます。
仮にオールインワンゲルを使用しても乾燥肌や敏感肌が改善されずに困っている場合は、化粧水とクリームや乳液を使用して肌質の改善をすることも大切です。